お尻部分にできるニキビ対策

ニキビは顔に出来るだけではなく、毛穴がある部分なら体の色々な部位に出来る可能性があります。
お尻はニキビが出来やすい部位でもあり、毛穴が多くて衣類で蒸れやすく、座る時に圧迫したり衣類との摩擦等で常にニキビに刺激が当たる可能性がありますから、お尻ニキビが出来ると治りにくい傾向にあるものです。

お尻部分に出来るニキビ対策として有効な方法としては、体の外側から行うスキンケアや体の内側からアプローチする生活習慣の改善を同時に行う事が望ましく、内外からのケアを行う事でニキビ自体が発生する可能性を減らす事が出来るでしょう。

まず外部からのアプローチとしては、洗浄によってお尻の汚れを取り除き、さらに保湿ケアを徹底させる事が重要であり、この辺りの洗浄と保湿というセットによるケアは顔のニキビ対策と同様に重要な要素です。

お尻にニキビが出来るという事は、お尻の肌のバリア機能が弱っている可能性が高いですし、保湿力低下によってニキビの菌が増殖しやすくなっています。

ですから保湿ケア効果のある化粧水やジェルを活用する事でお尻に潤いをもたらせて、ニキビの細菌繁殖を防ぐ事に繋がりますから、ニキビが出来たとしても悪化し難く治しやすいです。

衣類を清潔なものに変える事も望ましく、汗をかいた時もマメに拭き取る等の対策を行う事が有効であり、お尻ニキビは見えない部位にある事からも悪化していても気が付かずに、気が付けば炎症性のものに発展して潰れて、いつの間にか跡残りでお尻が汚くなってしまう可能性があります。

まずは洗浄による汚れ落としと保湿ケア、衣類を清潔にするといった外部からのケアを徹底させ、さらに内部からは食事や運動、睡眠等の生活習慣改善が必要です。

ニキビは毛穴に皮脂汚れ等が溜まって細菌の結びついて起こるものですが、食事は油モノが多かったり腸内が汚れると皮脂の過剰分泌を促す傾向がありますし、睡眠不足やストレスも皮脂の過剰分泌を起こす事になります。

運動不足も血流悪化によって老廃物を蓄積しやすくして、これらの生活習慣の乱れが起これば全てニキビリスクを高める事になりますから、生活習慣改善によってニキビ自体発生し難い体質に変える事が望ましいです。

これはお尻ニキビに限らず全身どこのニキビにも有効なケアであり、生活習慣改善だけでもニキビ自体が無くなったという方も多いですし、内外からのアプローチで相乗効果を高めてケアすれば、お尻に出来るニキビへの悩みを減らせる可能性が高くなります。

参考:お尻以外の顔ニキビ対策はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ