ニキビ跡の原因について

世の中の多くの方が美容面について悩みを抱えていらっしゃるかと思われます。特にニキビに関してはなかなか治る事も出来ずに悪化すると跡が出来てしまい、大きな悩みの種となってしまいます。

そんなニキビ跡は普段の生活の中に原因が含まれている事が多いのです。そんなニキビの原因について掲載していきます。

まず甘いものや油脂分を多く含む食品の過剰摂取によるものです。近年日本人の食生活は欧米化のスタイルがスタンダートとなり糖分や油脂分を多く含む食事が中心となってきています。

糖分や油脂分は体内に摂取されると分解されるのですが、分解量を越える摂取量になってしまうと脂質へと変化して体内に蓄積されてしまいます。蓄積された脂質は皮脂へと変化して表面に現れる事でニキビとなり跡が残ってしまいます。

またアルコール飲料の過剰摂取もニキビ跡の原因へと繋がってしまいます。アルコールは適量であれば血行を促進させ代謝アップにしてくれる働きがある為、悪い物とは言えないのですが、過剰摂取を行ってしまうとニキビ跡の原因に繋がります。

アルコールの主成分は糖質によって形成されていますので、糖質過多となってしまいニキビ跡の原因となってしまいます。糖分や油脂分を摂取する際にはビタミンを多く含む野菜やフルーツを摂取する事で予防に繋がります。

ビタミン類には脂質を分解する働きがあり、体内に蓄積させない効果があるのです。これによってニキビ跡の予防に効果的となってきます。

次にストレスによる原因です。
仕事やさまざまな事でストレスを感じると体内で飽和脂肪酸が分泌されてしまいます。

この飽和脂肪酸は脂質へと変化しニキビ跡の原因となってしまいます。またストレスを感じる事でより多汗になってしまうので、ニキビが出やすくなってしまいます。日常的に趣味事でストレスを緩和する事でニキビ跡の予防に繋がってきます。

次に運動不足による点です。
汗をかくとニキビの原因へと繋がってしまいますが、汗を全くかかない事も原因となってしまうのです。人は発汗する事で蓄積されている脂質や老廃物を排出する働きを行うのです。

普段全く汗を書かない状態でいると、体内に蓄積されている不要物の排出が無くなってしまい毛穴に皮脂が詰まりやすくなってしまいます。毛穴が詰まる事で雑菌が繁殖してしまいニキビが現れてしまいます。

日常的に運動を行い発汗させる事で不要物を排出させる事が必要となります。また汗をかいた後は服を着替えるなどする事でニキビ跡の予防に繋がっていきます。

関連する記事:ニキビ跡ができた時の対策について

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ