ニキビ跡ができた時の対策について

ニキビには段階があり、初期段階で治療出来ればニキビ跡に発展する事は無いです。段階は色分けされているのですが、白ニキビや黒ニキビが初期段階の小さなニキビであり、これらは炎症性の伴わないニキビですから、痛みがあったり膿が溜まるタイプでは無いものになります。

nikibiato

炎症性のニキビとして赤ニキビがあり、さらに膿が溜まる黄ニキビ、こういったニキビこそがニキビ跡に発展するリスクがあるものですから、この段階まで進んだニキビが発生する時には、セルフケアよりも医療機関で治療が望ましいです。

炎症や膿を伴う重度のニキビが何故ニキビ跡の原因になるのかというと、白ニキビや黒ニキビ段階では肌の奥の真皮にまで傷が付かず、炎症を伴う赤ニキビや黄ニキビになれば真皮に傷が付いてしまい、真皮は自然に起こる肌の生まれ変わりサイクルでは改善しない場所になります。

ですから真皮層にまで影響が出ない初期段階のニキビに時に対策する事が望ましいのですが、いざ出来てしまった時には、色素沈着やデコボコの跡残りが発生するものです。

色素沈着に関しては肌の生まれ変わりサイクルで薄くなっていきますが、アイスピックで突いたようなデコボコ肌になると完治が難しいと言えます。

こうした完治が難しいニキビ跡の場合でも肌の生まれ変わりサイクルを正しくするケアが望ましく、洗浄と保湿ケアを徹底させる事で肌の保湿力を高めて、外部から保護するバリア機能を高める事が必要です。

バリア機能が働けば新しいニキビが出来難くなり、出来ても炎症を伴う程に発展しない可能性がありますから、まずは清潔にして保湿化粧水等で乾燥させないケアが有効になります。

ニキビを治すならこれだけでも対策として有効ですが、跡残りの対策に関しては真皮に刺激を与えて回復させるレーザー治療等を美容クリニックで行う事が望ましく、こうした治療を受ける事でデコボコ肌が浅く目立たなくなっていくものです。

深い傷跡の場合はレーザーを使っても完治は難しいですから、まずは炎症性のニキビを発生させないという事が最も重要かつ有効な対策と言えます。

肌の抵抗力を高めて紫外線や細菌等から守るバリア機能を働かせる事が必須であり、皮脂の汚れ落としを洗顔で行った後には保湿ケアを行い、潤いのある肌にする事によって細菌増殖を防いでニキビを重症化させないように出来るのです。

炎症性のニキビはそれだけリスクがある事を知り、そこまで発展させない対策を行う事が必要になります。

ニキビ跡の前のニキビ対策はこちらの記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ