アゴにできた私の大人ニキビ改善体験談

思春期ニキビとは全く無縁でしたが、大学へ入学して一人暮らしを始めた19歳の秋から一年ほど、アゴに広がる大人ニキビに悩まされました。ニキビはあっと言う間にアゴ全体が痛々しいほど広がりましたが、治るまでには一年近くもかかりました。これから、ニキビが完治するまでの一年間の間に試して効果のあった方法を記していきたいと思います。

まず、私の場合、大人ニキビのできた最大の原因として、野菜をほとんど食べないなどといった荒れた食生活が挙げられましたので、その改善から始めました。

野菜を毎食取り、油っこい揚げ物やカレーライスなどはごくたまに食べるに留めました。美肌効果のあるとされるビタミンB群を摂取するように心がけ、特に大好きな納豆は毎日のように食べました。

ニキビの大敵となる便秘も予防できるので、納豆はとてもオススメです。外食続きになった時は、サプリメントや薬に頼ることもありました。DHCのサプリやチョコラBBなど数種試しましたが、私にはハイシーBメイトが効果がありました。人によって効く物は違うと思うので、ビタミンB群の製剤やサプリを数種類試してみるといいと思います。

次に、ニキビの原因として、運動後汗をかいてもすぐに洗顔しなかったことが考えられました。当時バレーボール部に所属していたのですが、練習後に汗で汚い肌のまま買い物に行ったりしていました。そこで、必ず練習後には低刺激の洗顔料で肌を清潔にするようにしました。ニキビにしみるので、洗顔料はナイーブやビオレなど優しいものが良かったです。

ニキビの原因として思い浮かぶこの2つを徹底して改善しましたが、中々ニキビは消えてくれませんでした。ですので、大人ニキビに効果があるとされるスキンケア商品を種々試していきました。

しかし、薬用化粧水はニキビにしみて痛いだけで特に効果はあらわれませんでした。3000円位の学生にとっては高価な化粧水でもダメでした。

そこで、花王ソフィーナの化粧品カウンターに行き、美容部員さんに相談してみたのです。ソフィーナを選んだ理由は、CMキャラクターの菅野美穂の美肌に惹かれたためです。

美容部員さんのオススメのソフィーナの化粧水さっぱりタイプを購入し、教えてもらったように洗顔後すぐに優しくパッティングするように馴染ませました。

化粧水は刺激がなく、優しい使い心地で、肌が潤っていく感覚が気持ち良かったです。ニキビ用の化粧水ではないにもかかわらず、これを2本使い切る頃にはニキビはほとんどなくなりました。

最後に、ニキビは消えたものの、残ったニキビ跡は、やはり美容部員さんに相談して、ソフィーナの薬用美白スティックを塗って薄くしていきました。アゴ全体にあったニキビ跡は全く残っていません。

私の場合は、食生活とスキンケアの改善の他に、自分に合った化粧水を見つけられたことが大人ニキビ改善に繋がったのだと思います。

こちらの記事も合わせてお読み下さい:「肌きれいだね」といわれるニキビ対策

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ